タチウオ^^駿河湾由比へ遠征釣行♪

画像

何とかラストに追い込んで14尾でしたで、そのうちグッドサイズは1尾
もう釣れなくなる日はいつでもという終盤を向かえてる駿河湾由比の夜タチウオ釣りへ
まあ来シーズンの下見をかねてと・・・・言うは表向き実は浜松まで仕事に行った帰りの
釣行でしてハイッ・・・・3月4日、静岡由比・長徳丸で夜タチウオでのお話です
駿河湾由比の夜タチウオ釣りは東京湾のタチウオ釣とは釣法、タックル、エサも違うんですね
エサはサンマの切り身常連さんのサオは少し長め2.6~7㍍で6対4~5対5クラスで
オモリ80号の天ビン仕掛けに水中ランプは大き目でハリスは8号2㍍ほどでハリは3/0クラス
チモトにタコベイト、夜光パイプを装着し釣法はちゅうと置きザオ電動リール(PE4号)で
超デットスローにて誘い上げていくのであります
釣り客6人を乗せ午後19時に由比港を出船ポイントは水深50㍍前後で指示ダナは40~30㍍
ベテランさんが置きザオで良型を取り込んでいく中、私めは東京湾スタイルのライトタックルで
勝負でも最初は長めのサオを使い地元釣法で3尾釣るも、やはり何か物足りない
東京湾で置きザオは手持ちで誘い疲れた時ぐらいで、やはり誘いは手持ちでタチウオを掛けた
方が断然面白いですもんね
長ザオ、電動(PE4号)から1.9㍍、電動(PE2号)に交換し、底上40㍍から30㍍まで小さく
ゆっくりめに誘い、そしてポーズを取るを繰り返し、辛抱するが、なかなかアタリが出ない
置きザオにバリバリとくるんだから、タチウオはいるはず、船長も今日は潮、水色もよく反応も
あるとのことそこでさらにスローで誘うとアタリが出始めたんですね
アタリが出るとその場で誘いを入れと、居食いしている気配が続き、さらに誘いを入れ、ここぞと
ばかりに立てアワセるとキューンとハリ掛かり
やはり手持ちで誘い、アタリを出し、掛けるタチウオは面白い
置きザオで釣るベテランさんは19尾で、私が疲れたあと言ったら「疲れはしないけど寒い」と
だろうなと思いますね
釣りスタンスはいろいろです。私もけっこう置きザオで釣りますが、タチウオだけは終生手持ちで
釣りたいですね
まあ置きザオスタイルメーンのご当地で、東京湾スタイルで少しは善戦したと思いますが、
3分1はバラシしてるんで、もう少し腕が良ければ20尾は確保できたかと
次回は、トップシーズンにいき置きザオの中に混じりまた手持ちで勝負してみたいですね

"タチウオ^^駿河湾由比へ遠征釣行♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント