内房富津沖の名物イイダコ釣りが開幕。して今期の模様はというと。

画像

待ちに待った内房富津のイイダコが開幕、9月2日(土)長潮、
内房富津・ひらの丸に釣友の金山氏と釣行。
当日の釣り客は4人。私は左ミヨシ、金山氏は右ミヨシで
タックルのセット。午前6時出船、航程10分港前水深4㍍で
実釣開始。タックルは染谷甫氏作ハゼ用1・5㍍和ザオに
小型両軸リール、ミチイトPE1・5号、サキイト1・5号80㌢
ヤマリア・イイダコテンヤ8号に船宿用意のラッキヨウを
縛り付けてさっそく投入。潮の流れはあまりなく状況は
いまいち。船中1尾目は金谷氏にヒット。くにゃくにゃと
愛嬌たっぷりの可愛いサイズ12㌢。しかし小さいがこいつの
食味は抜群。内臓を取って塩洗いしさっと湯がいてショウガ
醤油で食せばプリプリ感たっぷりの食感は最高。
それはともかく、私もベタ底の仕掛けにムニュと乗りが
伝わり、大きくサオを立てて15㌢の1尾目をゲット。
さあ連釣り思うがそうは問屋が卸してくれない。
潮がやはりいまいちか、乗りはぽつぽつていど。
その潮具合と乗りの渋さから仕掛けを底から離さない
よう引きずる感覚で1尾1尾丁寧に乗せて数を重ね、
正午過ぎの終了まで何とか49尾を釣り上げて納ザオしました。
釣れないのも疲れます。しかし今期も開幕から昨年同様に
型が良いのですが、その反面新子がいないのです。型がいいのに
思われますがスタートに型が良いということは前残りものなんです。
そのため、ある程度釣ってしまうといなくなってしまい、次の新子
が育つのを待たなければならないのです。
いずれにしてもひと潮に育つイイダコ、型物がなくならないうちに
新子が出てきて欲しいと願うばかりです。
画像

写真はイイダコテンヤにダブルを乗せた金山氏です。

"内房富津沖の名物イイダコ釣りが開幕。して今期の模様はというと。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント