内房木更津沖のアナゴ、その引きは暴力的だゾ~ッ。

画像

6月21日(水)、金谷のアジ釣行に続いて、家で一服後アナゴ用
タックルをセットし、予約してある木更津桜井・雄士丸に釣行。
釣り客は釣友の松野勝一氏に、同船宿で釣友となった本吉、仲野
両氏にその友人と計5人。午後6時出船。最初のポイントは前日に
60~65㌢の巨大アナゴが上がったという水深8㍍のポイントで開始。
巨大アナゴでも決してクロアナゴではありません、正真正銘のマアナゴ。
そして辺りが暗くなるゴールデンタイムの午後7時、船中最初の1尾目は
本吉さんにヒット。小突きでアタリを取って、ひと呼吸おいて大アワセ
すると、横目からもはっきりと分かるハリ掛かりの手応え。
十分にその引きを楽しみ、40㌢をゲットだ。続けて松野のかっちゃんに
ヒット。「暴力的な引きだぁ~」と暗い水面から抜き上げたのは47㌢の
グットサイズ。ハリ外しに腕に巻き付かれ気持ち悪そうだが、ニンマリ。
3番手は私が38㌢だ。しかし、潮の色がいまいち悪く、潮が変わっても
アタリはぽつぽつ程度で午後10時沖上がりとなって納ザオ。
釣果は私が6尾、かっちゃん、本吉さんが5尾づつで、今回は仲野さんが
1尾と残念そう。まずは釣れないことから始まり、自分流の
釣りスタイルを作り上げることと思いますね。
このアナゴ釣りは結構奥が深く、ハマることは請け合い。
それにも増して、江戸前アナゴは食味絶品なのです。
小さいメソッコ(幼魚)は白焼きでワサビ醤油で食べれば最高。
40㌢前後は天ぷら、煮アナゴにして寿司ネタ。50㌢クラスのボク
(千葉の呼び名?)は、かば焼きです。ウナギと違い、脂の乗りは
さっぱりとして栄養価満点。その効能は動脈硬化、高血圧脳卒中
の予防には最適な食材なのです。
またまた今日も今日も美味いぞ~っ。
写真の上は松野氏こと、かつちやん。
下はアナゴつながり、アナゴ釣友の本吉さんです。
今年は本吉さんと何回行くかな?カミさんに怒られないように
して欲しいな。
画像

"内房木更津沖のアナゴ、その引きは暴力的だゾ~ッ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント