続・金谷沖のアジはいよいよ初夏ムードがプンプン。

6月21日(水)、内房金谷沖アジ釣行の続きです。
アジ、夜アナゴのダブルヘッター釣行後のため、半分居眠り
してのブログ書き込みだったので、追加ですよん。
アジ釣りの釣法は私がビシ釣り、他の客はサビキ釣りでした。
今年は海が遅れているのか、サビキはまだ早いのではと
思いながら開始の合図に仕掛けを投入すると。何とさっそく
サビキにヒットし、15~20㌢がきた。しかし、群れが小さいのか
1回に1~2尾でほとんどが1尾。私のビシ釣りでもぽつぽつ
程度。ビシ仕掛けのハリは2~3本、そのためトリプルが最大。
しかしサビキに本来はズラズラとくるのだが、まだそれがない。
それでも10数㌢がヒットし、数はないものの、夏の風物詩・
アジのサビキ釣りの雰囲気が出て来たことが嬉しい。
もう少し潮温が上がり、夏の海になってサビキにズラズラと、
女性・子供でも楽しめるようになれば夏本番だ。それを期待したい
ものですね。金谷沖夏の小アジは3枚に卸し、握り寿司にでも
したら最高に美味いのです。内房金谷のアジは年間釣れるもの
ですが四季折々の味があり、冬には冬のコッテリとした脂の乗りが
あり、夏にはさっぱりとした夏の脂の乗りがあるんです。
こんな美味い金谷の金アジ、食べたらビックリするだろうな。
決して関アジに勝るとモ劣らずです。
すでにブランド化した内房金谷の黄金アジは最高じゃあ。

"続・金谷沖のアジはいよいよ初夏ムードがプンプン。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント