内房金谷沖乗っ込みクロダイ、リベンジもまた1尾の釣果。

画像

5月4日(木)小潮、内房金谷・太海丸にクロダイ狙いで釣行。
前日の電話で船中48尾、トップ15尾と言う大盤振る舞いとの
女将さんからの話しに速攻で翌4日、行くことを決定。
朝方、ボケジャコを売っている釣りエサ屋を見つけて購入持参。
気合も十分に空いている右胴の間に入ってタックルのセット。
釣り客10人ということで出すサオは1本。ちょっと短めの2.3㍍。
リールは小型両軸、ミチイトPE4号、60号プラスチックビシ
40㌢天ビン、2mm50㌢ゴムクッション、ハリス2号4.5㍍
チヌバリ3号。釣り客が多いときには長いサオの方が分があるが、
あえて使いやすさでチョイス。当日は手持で攻めることにした。
午前6時出船。水深18㍍で実釣開始。上げ止まりは午前7時頃
そのためか潮が動いていない。風は南風。
スタートから全くアタリ無し。前日の話しとは全然違うではないか。
するとタナが上げたところで青アジがヒット。味はいまいちだが
取りあえず土産にと5尾ばかり釣り上げる。
そこに右トモで船中本命クロダイが初ヒット。アジ釣りを止めて
タナを下げる。午前11時にいきなりゴンと引っ手繰られるような
アタリにまたサバかと思いきや、引きが重くクロダイと直感。
41㌢の貴重な1尾をゲットしましたが、残念ながらそれはメス。
タカちゃんは白子が食べたかったのです。それでも大きくタラコの
ような卵は甘辛く煮込みました。まいう~。
そして青アジは刺し身、アジフライに。
今日、5日の夕餉にはクロダイの半身は刺し身、半身はオリーブ油と
白ワインに漬け込んでムニエルです。
さあ来週は、マダイリールシャクリに夜アナゴにいくぞ~ぉ。

"内房金谷沖乗っ込みクロダイ、リベンジもまた1尾の釣果。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント