日立沖デカフグに^^つい連ちゃん釣行(^^♪

画像

こんなデカ🐡フグが7尾数は少なくイマイチではありますが、1尾1尾丁寧に神経を集中し
誘って掛けた瞬間は、まさにドラゴンタチウオを誘って掛けた瞬間を彷彿させますね~ッ(^^♪
水深50㍍からのリーリングに強烈な抵抗はまさに同じやはり対1尾との真剣勝負を
制した時の快感はたまりましぇん処理に困る、人に配ることになる数釣りの満足より、
我が家分だけで釣りを楽しむことが、ますますと「高尚なる釣り人生」に近づけるかもしれませんね♪
40代、50代、60代と釣りのスタンスも当然変わってくると思いますが、ウ~ン変わらない人もいる
かもしれませんね
さて、前置きが長くなりましたが、3月7日、日立久慈・弘漁丸にテンヤ・ラバー釣行と、予定した
前日、弘漁丸大船長から電話フグが釣れ出したのことにカットウ仕掛けも急きょ準備
同行シャウトのカッちゃん、アイマのスーさん、飯岡の店長に連絡(^^承知の上で、午前5時7人の
釣り客を乗せ出船♪水深50㍍のポイントで実釣スタートです。
直後、船中唯一カットウで始めた人がいきなりバリバリとフグを釣りだして、テンヤからと始めた
私めは、すぐもう我慢できないとカットウに交換さすが水深が深いだけにアタリ取りが難しい
バリバリ釣ってる人は、誘いから半ば空アワセにも見えるアタリ取りにこだわる私めは集中して
やっとモタレを察知
何とか22尾(下写真)で終了しましたが、その人はなんと43尾でしたね~ッ結果は、
ラバーのカッちゃんはホウボウ、フグでテンヤのスーさんも同じくに2㌔級のマダコ、店長はテンヤで
🐡20尾くらいでした
で、で、色気が出てしまった私めはテンヤ取材から🐡フグ取材に変更と翌日🐡フグの客が入ッてる
ことにかこつけて、急ぎ行きつけの旅館に電話して素泊まりで予約OK♪
で翌8日も乗船(^^♪カットウ釣りスタートは2人だが、と気合と裏腹に、昨夕に雪が
降ッたのが災いしたか、水温が低下して前日より天気は良いものの釣況は悪く冒頭の通りに
7尾(上写真)で終了ということでしたよん
でも2日間十分に🐡フグ釣りを堪能いたしましたね~ッ終わり

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック