朝と夜タチウオのダブルヘッダー^^その釣果は♪

画像

金谷沖水深80㍍でヒットした指3本半サイズですまず第1回戦目は7月29日(金)、
金沢八景・弁天屋のタチウオ午前船に、今回は取材目的で乗船♪釣り人10人を乗せて午前7時
15分出船し、第2海堡周辺で実釣スタート水深40㍍にて指示ダナ30~20㍍♪
すぐに船中1尾目が上がるも続かずここで大きく移動金谷沖をめざし15分で
ポイント到着♪指示は90~70㍍第1投、90㍍から誘うと80㍍でアタリ♪
そのまま誘い続けると強い押さえ込みにすかさずアワセて取り込みはその写真
連釣りしつつ、取材に船中撮影に回り、戻ッては釣りを繰り返してヒットだがすぐに
帰路の航程時間から10時45分終了し、トータル13尾(船中頭)で1回戦を終了
で、第2回戦の駿河湾清水の夜タチウオへと東名を走り、清水港・S丸の船着き場に
午後4時半に到着♪すでに船着き場に先着のつりニュース編集部A君と合流
そして午後6時、釣り人8人を乗せ出船し、清水真沖水深50㍍にて実釣開始♪
私めの他の釣り人はすべて長ザオにて置きザオで、私めは誘いをすると確認済みにて
乗船したのにもかかわらず「魚が散る」と言われ、仕方なく置きザオに転換
その置きザオ釣法でも当日は海が悪いようでアタリが渋く、結果は3尾で終了
しかし、置きザオでの向こうアワセの釣りは趣味に合いませんね
タチウオは本来夜行性で昼夜にかかわらず警戒心の強い魚ではありますが、誘いくらいで100%
タチウオが散るとは考えにくく、ハリの掛け損じ、バラシなどで散ることは他の魚と同じ
逆に誘いでのアピールもあると考えられます♪過去の駿河湾釣行経験で誘いとしては東京湾より
ソフトに誘う方が良いことはありますが、活性が上がれば東京湾と同じですね
やッぱり釣りは誘い、アタリ取り、アワセの一連の操作での釣りが一番面白く
釣果主義ではないんですね♪
ま、そんなダブルヘッダーでしたよん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック