春アジ本番^^東京湾走水のアジはマイウ~ッ♪

画像

春の日差しがまばゆいい東京湾の海をバックに食味抜群走水沖のブランドアジです
少し逆光ですが、後ろ手に見えるのは千葉方面、右手には観音崎と最高の背景でしょ~ッ
で、手にするは私の食味でベスト3に入る東京湾のアジそれも猿島~走水沖にかけてのアジは
抜群の抜群周年釣れるアジも食味が違い特に冬から春にかけての春アジは格別ですねん
てなアジを狙いに3月22日(土)、金沢八景・弁天屋へ船宿常連でベテランの亀田さんに同行
当日の釣り客は10人右大トモにてタックルのセット
ポイントは走水沖水深46㍍、片テンビン、130号ビシにハリス1.5号のムツバリ10号3本♪
エサの赤タンを付け、ビシにイワシのミンチを詰め実釣開始
潮が速く、カッ飛んでいるが、アジは特に潮の子多少潮が速い方が食いがいいんですね♪
というものの、底上1㍍からコマセワークし、指示ダナ底上2㍍でアタリを待つも、反応がない
隣で亀田さんが入れ食いで25~30㌢の美味いサイズをバリバリと釣るんですが、私めには
じぇんじぇん当たりません
どうも速い潮にタナ取りとコマセワークが適合していないようで、投入後2度、3度とマメに
タナを取り、コマセ振り出しは軽くにすると、待っていたかのようにキューンと小気味よいアタリと
引き30㌢の幅広の最高に美味いサイズをやっとゲットンしました
てなことで後半なんとか追い込んでアジ22尾、イシモチ4尾、マサバ1尾(締めサバは脂が乗り
最高にうまかった)ちゅう結果で終了しましたですハイッ
やッぱアジ釣りが一番ええかなもち刺し身に、アジフライはフゥアフゥアのトロトロとまるで雪のよう
マジにマイウ~でした
46尾でトップの亀田名人です
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック