好調^^江戸前のファイター・スズキのエビエサ釣りはグットね♪

画像

夏になると、どうしても食べたくなるのが「スズキの洗い」。冷たくした身の舌ざわりと旨みは、まさに夏ならでの
味覚また釣趣も、江戸前伝統のエビエサを使うスズキの食わせ釣りは夏が旬。
そんな食わせ釣りに、人一倍こだわりを持つ、デイリースポーツ推薦船宿の富津「ひらの丸」に5月31日に
取材釣行した。
デイリーの掲載日は6月17日だが、平野船長と取材日を選定し、潮回りから5月31日の中潮、6月14日の
中潮の2回と、天候・釣果との安全策を取って日を決定
そんな訳で行ってきましたよん。でも肝心なことですが、このタカちゃん・・・・実はエビスズキはあまりやったことが
ないもんで今までやらない獲物は深場物(オニカサゴ・キンメ・ヤリイカ)、青物(ワラサ)、スズキ
などなんです・・・・秘密で~すゥ取材のため、そこで船宿の貸し竿で挑戦しました。
常連の大井さん・宮島さんとの3人で、富津沖~第二海保堡回り水深13mで実釣開始。アタリがあるも、
そこはやはり経験不足ハリ掛りさせられず、セイゴ~フッコの3尾でスソ宮島さんは9尾、大井さん
(写真・67cm)は8尾にマダイのおまけ船長は11尾だもんね。
その大井さんのセリフは「アタリはすべてヒットさせました」ですッて
その言葉を聞いた江戸前タカちゃん・・・・俄然と闘志に火が点きました(マッチ程度)さっそく松戸の
竿師・染谷さんにスズキ竿を発注し、14日に間に合えばやったります。江戸前タカちゃん爺さん顔の面子に
かけてもね

さて、それはともかくスズキは刺し身、60㌢以下のフッコも刺し身もいいが、天ぷらにして、塩を
振って賞味すれば、江戸前の味覚でしたンマイウ~

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック