爆釣^^東京湾江戸前シロギス55尾・アナゴ46尾♪

画像

今季の東京湾江戸前アナゴは元気印の61歳タカ爺さんとともに絶好調。
ここ1~2年は不漁だったアナゴが今年はいいね~ッ
またまたアナゴへ出漁でして、まさに漁だね~ッ。だってたくさん食べたいもんね。
昨年は、あまり食べられなかったからね
「江戸っ子の夏はあっさりとアナゴでい」と東京湾江戸前アナゴの旬は晩春から夏にかけてで、
脂ののらないときが一番美味しく、あっさりとした甘みがサイコウなんです
関西では焼いて、関東では煮るのが主流。私めは、はかりめ丼(煮アナゴ丼)が大、大好き
今回はデイリースポーツの取材として、紙指定船宿・大森の「まる八」へ5月15日(土)、
釣友の岡田氏と釣行当日は天候もよく、そこで夜アナゴの前にシロギスも
釣ることに。そうなんです、一度で江戸前アナゴとキスの二度美味しい贅沢な釣りを
しましたそのシロギスは中の瀬沖で午後3時の終了まで55尾、
いったん港に戻り、午後5時40分、改めて出船し、木更津沖で午後9時までの正味2時間半、
ダブルを連発し怒とうの入れ掛かりで46尾と今季初好釣果でしたよん(次頭22尾)
まだまだ、夜アナゴは開幕したばかり、好物アナゴ丼をいつでも食べられるように
白焼き冷凍保存のストックをたくさん作るぞ~とね(笑い)
次回ガンバリましょうオカちゃん
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

vanhagar
2010年05月23日 19:24
はじめまして。HP拝見させていただきました。
大変楽しいページで参考にさせて頂きました。かなり釣りものも多様で素晴らしく、デイリーもよく読んでおります。
私は船キスにはまり4年目で今年アナゴが好調ということでこちらもはまりそうです。と言っても今年まだ一回しか行っておりませんので、
これから通いたいと思っております。
ちょっとお聞きしたいことがあるのですが、アナゴ釣りの写真で塩ビのパイプの
竿掛けをご使用されているのですが自作でしょうか?
大変便利と思っておりまして、自作する際のヒントがあればお教え頂きたく
よろしくお願いいたします。(企業秘密であれば結構でございます)

タカちゃん
2010年05月24日 15:04
vanhagarさん
こちらこそはじめましてm(ーー)m
まずはデイリー愛読ありがとうございます。
最近、タイガースが負けが多くて一面の「デイリー」文字しっぽ「ー」が
上がりません(笑う)
そうですね、私のやる釣り物では深場と青物はやらず、基本的には小物
系が多く、中でもアナゴが特に好きです。
さて、お尋ねのパイプ使用のサオ掛けですが、もち自作で企業秘密
ではありませんので、お教えいたします。
自作した動機は、通常のサオ掛けではアタリが出て、サオを取り上げる
時にひっかかりがあったり、アタリに遅れたりすることから、
どうしたらよいかと考え、ロッドキーパーにパイプを取り付ける
ことを思いつき作りました。
利点は、アタリに遅れず、スーッとパイプから楽にサオを取り出せることと、
45度に設定した角度は、目の高さでアタリを取れることですね。
製作は内径3㌢の塩ビ二パイプを23㌢ほどにカットして、さらに7㌢
ほどのところで切り込みをいれ、縦割り半分を取り除き、平たくして
ロッドキーパーのボルトが通る穴を開けて完成です。
ちなみに私のサオは3㌢の内径に入るよう、アルファタツクルの
1.2mのアナゴザオです。
ぜひ作ってみて下さい。
vanhagar
2010年05月24日 17:38
こんにちは。早速のご返信ありがとうございます。
デイリー含めて、釣り情報の載っている新聞はけっこう目を通しております。
今年はアナゴが好調のようですね。牛込は昨年後半からイイダコ等で通いはじめた船宿です。
お会いさせていただいた際はよろしくお願いいたします。
釣りモノが多種多様で素晴らしいですね!
私は船キスに数年前よりはまっていて、年間20回程度ではありますが、
キスーオンリーで数年通っておりました。昨年の後半からはイイダコにはまって牛込に通っております。
アナゴは2週間前にはじめてやりましたが、キスのように奥が深い釣りモノと
察しており、且つ大変美味しいものから、追求したいと思い、早速情報収集をしているところです。まだまだアナゴに関しては超のつく素人ですので、こちらのページは大変参考になりました。
パイプの竿掛けの件、ありがとうございました。早速作成したいと思います。
大変恐縮なのですが、何点か教えていただきたくお願いします。
①45℃というのは、何かで45℃で計って固定されているのでしょうか?
(例えば熱で柔らかくして45℃にまげたところで冷やして固めるとか...)
どのように45℃に固定されるのでしょうか?
ベース(第一精工?)の上に載せると自動的に45℃ぐらいになるのでしょうか?ちょうど自宅に竿かけじろうが2つあったので、作ってみたいと思います。
②内径ですが、大き目の内径にすると何か不都合はありますでしょうか?
中でガタつくと何かあるとか...
③船の移動中も竿を挿したままで問題ないでしょうか?
抜けたりすることはありますでしょうか?
尻手ロープは使ったほうが良いでしょうか?
船キスでも使えそうな気がしております。お時間のあるときにでもご教授頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

タカちゃん
2010年05月24日 18:40
そうですか、牛込に行かれてましたか。
お会いできるといいですね。ただ牛込にはアナゴだけだから
難しいかもしれませんね(シーズン5回ぐらい釣行)
回答ですが、
①切り取った残り部分に熱を入れ、45度くらいに曲げてから先端を
 平たくしてサオ掛けのボルトの穴を開けます。
②内径が広いと入れるサオの太さにも寄りますが、ゆるゆるだと
 サオがあらぬ方向に向いてしまいます。
 逆にサオの太さにパイプの口径を合わせてもいいでしょう。
 またサオについてですが、長いサオ、軟らかいサオは不向きでしょう。
③サオをパイプに入れ、尻手ロープを付けています。
 またサオが抜けるということは今だありません。
アナゴ釣りとキス釣りとは違いますので、キスには使いません。
理由は魚の習性、食いが違うからです。
なかなか上手く表現が出来ずに申し訳ありません。
本来はお見せして話をするのが一番なのですが。
ぜひ工夫してみてください。
また、良いアイデアがありましら教えて下さい。

vanhagar
2010年05月24日 20:04
こんばんは。ありがとうございます。大変恐縮です。
非常によく理解できました。
早速作ってみます。
今後のアナゴは牛込に行くかと思いますので、お会いした際は、
よろしくお願いします。(正直、牛込、こなやか迷っているところです)
先日はじめて行きましたが、木更津沖は大船団でした。
(羽田から出撃したのですが・・)
腕の問題もあるかもしれないのですが、内房の船宿さんの方がテリトリーの
問題なのか、ポイントを熟知しているのか釣果が良い気がしております。
キスもそろそろ浅場に出てくるのでダブルヘッダーも楽しそうです。
リレーだとアナゴの時間が短いと聞いているので、贅沢に一日船でキス、
その後アナゴにしようかと..。
次回行った際はボロボロの釣果かもしれませんが、ご報告させて
頂きます。


この記事へのトラックバック