や~っと釣れだした内房金谷沖黄金アジです。

画像
11月30日(木)長潮、しばらく遠ざかっていた内房金谷沖のアジに
釣友の千葉氏と釣行。このしばらくとは釣行しなかったという訳ではなく、
釣れなかったのであります。そう、アジがいなかったんですよ。
それがしばらくぶりに釣れだしたとということで行きました。
当日の釣り客は3人。午前7時前に出船しポイントは水深10㍍の
超浅場。この時期としては浅いポイントで、やはりまだ水温が高い
せいのようだ。しかし、浅いと釣り易く、手返しは早くできるからよいよね。
ビシアジ釣りのポイントは「タナ取り」と「コマセ撒き」。まずはコマセを
撒き、アジを寄せるために仕掛けを付けずビシにイワシのミンチを詰め
10回ほど手返ししてコマセをしっかりと撒いてから、仕掛けを付けて
釣りを開始。するとコマセ撒きが効いているようで、すぐにアタリで
25㌢の食べごろサイズをゲット。2時間ほど入れ食い状態が続き
十分にお土産を確保。午前11時、風も吹き出し、雨も交じりだしたため
早上がりで納ザオしました。釣果として21~29㌢アジを28尾。
脂がコッテリと乗り、相変わらず美味さは最高でやんす。
翌日は打つて変わって好天となり、美味い干物が出来たのです。
これから水温が下がれば、冬のアジとなり身は締まり、夏アジと
違ってコリコリ感はこれまた絶品。楽しみ~。
でもね、今回で住んでいる富津から釣行は最後になりました。
話は変わりますが、仕事上にて12月1日より住まいを埼玉新座へ逆Uターン。
そんな訳でブログへの書き込みが遅れました。
これから釣り場まで遠いばかりでなく、交通費もまたかかりそう。
そこで一諸に釣行できる仲間を作らねばと思っているタカちゃんなのです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック