内房富津南沖ショウサイフグはシケ後できびし~ッ。

画像

10月8日(日)大潮、内房富津・ひらの丸にショウサイフグ狙い
で釣行。ところが高潮で出船が2時間遅れて午前8時前に出船。
航程30分水深8㍍で実釣開始。ノリヒビ周りで釣法は食わせ釣り。
タックルは関東KK作オリジナル湾内ふぐ1.7㍍、ミリオネア100F
ミチイトPE1号、オモリ10号、胴突き3本バリ仕掛けにエサは
甘えビor沖アミ。甘エビをこじんまりと3本バリに付けて投入。
ベタ底でじっとアタリを待つ。船中1尾目は左ミヨシ1番。
右舷側でもポツポツとヒット。静かに待つサオ先に小さくコツと
アタリに鋭くアワセて25㌢の1尾目をゲット。次にはモタレるような
アタリにスカをくう。アタリの出方も色々。掛かったと思ったら
大きくサオを立ててリーリング。何せ巻上げと一緒に上に向って
泳ぐので掛かったか分からない時もある。
しかし、先日の台風なみの低気圧の通過に底荒れは間違いなく
釣果は食い渋り、船中15人で12尾の頭で終了。
それでもアタリは数あり、天気も良く富士山を見ながら楽しい
1日でした。さあ、明日はイイダコ釣りだょん。
画像

下の写真は隣に座った尾形さん。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック