外房大原沖マダイを新技リールシャクリでガンガンと衝撃の㌔オーバーゲット。

画像

9月に入り、釣友の金山氏と外房大原に何時、マダイ釣行をしようかと
計画中のところにタイミングよく同港・富士丸の若女将「ミチコたん」から
の電話。さっそく、その場の電話を借りて8日に釣行を決定。
何を隠そう、このタカちゃんは富士丸のミチコたんの大ファン。
最初に会ったころはミーのハートがときめいたもんだが、しかし最近ちと
太めになったかな。神様、どーぞこのブログにはミチコたんが覗かないように。
前置きが長くなったが、9月8日(金)大潮に釣行。午前4時過ぎに釣り客
6人を乗せ、河岸払い。航程50分で真沖水深32㍍でパラシュートアンカー
が入り、ミチコたんの夫である隆一船長から開始の合図。
使うタックルは㈱ヤマリアのTHE船アオリ1.5㍍。ちとここでこのサオについて
なのだが、アオリイカのみならずこの私はマダイ、エビスズキまさに万能ザオ
なのです。そう多少は㈱ヤマリアの回し者といっても
いいけど、マジにこのサオは抜群。是非、使ってみていただきたいサオ
てすね。リールは両軸、ミチイトはPE2号、同じく㈱ヤマリア4連イカ用中オモリ15号、
ハリス4号5㍍、そして今回使う豆テンヤは半田丸特製チビ
ガブラ仕掛け2号。開始早々、左トモの常連さん大原町の池部さんが
㌔オーバーを連発。そしてきましたよ私にもね。タナを取った直後、にガンガンと
いきなりサオが叩かれた。サオが水面に突っ込み満月になる。しかし、自慢の
サオは十分にマダイの突っ込みを凌ぎ、リーリングして1.3㌔をゲット。
結局はこの1尾のまま終了してしまったが、池部さんは2㌔を頭に3尾。
まあ何とか、納得の1尾に満足して帰路に着いたのです。
明日は、富津沖でエビスズキなのであります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック