内房長浦沖の特大シロギス、今シーズンはまだまだ釣れるぞ♪

画像

例年ならとっくに終わるはずの内房長浦沖のジャンボギス。
ところが何故か今年はまだ釣れ続いている。そこで8月23日(水)中潮、
同港・こなや丸に釣行した。今回は暑さを避けて午前船に乗ることにした。
この午前船とは午前7時出船の11時半沖上がりのショートキス釣りである。
釣り客4人を乗せ、予定通りに出船。ポイントは航程10分の港前水深6㍍。
潮は下げ潮でトロトロと流れ、状況は良さそうだ。使うタックルは
染谷甫氏作の和ザオ2本。1本は置きザオ、もう1本は投げ用で
小型スピニング、ミチイトはPE1・5号、サキイト2・5号80㌢、遊動式パイプ
天ビンにオモリ15号、自作仕掛けハリス0・8号90㌢枝ダス5㌢、競技用
赤キス8号2本バリ。この長浦沖のシロギス、毎年6月中旬、潮に濁りが
入る頃、瀬にシロギスが産卵に乗っ込んでくるのです。
例年終わりは早く、7月には釣れなくなるのですが、何故か今年は
1~2ケ月ぐらい時期が遅れているようです。
エサのアオイソメを付けさっそく投入。すると早くも、左トモで20㌢がヒット。
私の置きザオにもアタリ。サオを手に取って少し送り気味にしてから
サオを立てるとうまくハリ掛かりして、引きを楽しみまずは20㌢だ。
やはり腹が赤く、産卵しているようだ。キャストしてゆっくり誘うと
ブルンブルンとアタリ、やはりひと呼吸おいてゆっくりサオを立てると
引きが強い。あやしあやしリーリング。水面から抜き上げると丸々と
太った23㌢グットサイズにニンマリだ。続けてヒットしてはやくもバリバリ。
しかし、釣れるポイントが瀬の周りと狭く、少しでもずれるとアタリがない。
午前10時過ぎに潮止まりになるとアタリが遠のいたものの、上げに
転じるとまたポツポツと釣れ、午前11時半の終了には55尾の釣果。
トップは60尾。残念ながらミヨシのカップルは2人で4尾と寂しい釣果。
そこでトップの熊谷氏と私で2人に少しお裾分けしました。
画像

写真は貴重な1尾を釣ったカップルの彼女で、近々結婚するそうです。
もう少し修行しないと家族が増えたときにおかずにならないぞぉ~ッ。
てなことで長浦沖のジャンボギス堪能しました。
もちろん食味もね、刺身、天ぷら、フライと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック