東京湾の夏タチウオ、狙いの初出船にメーター級ゲット。

画像

週明けから東京湾・タチウオの模様が良いとのことに8月12日(土)大潮、
内房富津・ひらの丸から出船。釣り客は市原市の吉田さんとの2人。
午前6時前、出船。目指すポイントは金谷沖、水深は200㍍。
といっても狙う層は10~40㍍。土曜日ともあってかポイントは大船団。
最初の指示ダナは20~30㍍。使うタックルはシマノライトウイリー200、
ダイワミリオネア100F、ミチイトPE2号、リーダー7号1.5㍍、マダイ用
鋳込み天ビン30号、ハリス6号2㍍、タチウオバリワームフック1号、
チモトグリーンパイプ。エサは持参のサバの切り身。
指示ダナ下に仕掛けを落し、シャクリの開始。まずはショートピッチで
タナを上げて誘うことにした。するとさっそくアタリ。ところがアタリ後の
シャクリ上げに、何故か追ってこない。
そこでショートピッチをやめて、水面から目の高さまでスローにシャクリ
上げて見ると、ガッンとシャクリを止められた。久々の抵抗を味わって、
90㌢とまずまずサイズの嬉しい1尾目だ。その後はバラシとヒットと交互
ながらも追釣り。午前10時、かすかなアタリにひと呼吸置いて誘いあげると
ギューンとサオ先が水面に突き刺さる。1段と引きが強烈だ。
引っ張り込まれる手応えに興奮。ライトタックルが弓なりになり
水面から抜き上げて、初のメーター級にしてやったりと思わずニヤリ。
しかし、後半はアタリが遠のき、残念ながらツ抜けの1歩手前9尾
にて終了。しかし、型が揃って我家の食卓には十分。
この夏タチウオ、食味は冬と違ってさっぱりとし、刺し身には最高。
しばらく振りの食味を刺し身、ムニエル、塩焼きと満足、満足。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック