内房金谷沖カマスは残念!でもアジはバッチシ。

画像

そろそろ内房からカマスの便りが聞こえ出し、最近変わったばかりの
新しい仕事にも身も入らず、休みを取って7月25日(火)大潮に久々の
釣行をした。出船船宿は内房金谷の常宿・太海丸。そして同行者は
釣友の千葉氏。船着場に着くと南西の風が吹き様子がいまいち。
それでも午前5時、東京の練馬から来たという釣りクラブ・釣遊会のメンバー
7人にその他の客1人を加えて10人を乗せ出船。航程10分水深10㍍の
ポイントでオモリ60号にフラッシャーサビキを投入。
潮況は下げ潮、水色は薄濁り。流れは結構速く、船が落着かない。
使うタックルはリーディングGXL195、リョービアドベンチャーVS500ATS。
しかし投入するも、全くアタリなしで、虚しく時間だけが経過。船長も
アタリなしでガッカリ。いよいよカマスをあきらめ、午前6時にアジ狙いに
移る。水深25㍍で釣り再開。片天ビン40㌢にアンドンビシ60号に㈱ヤマリア
のビシアジ2本バリ仕掛けに擬似エサのエサダマSレッドを付け投入。底
上2㍍巻き上げ、コマセワークをしながら1㍍上げで3㍍のところでアタリを
静かに待つ。ウネリ、風がありアタリが取り辛いが、さっそくヒットして
22㌢と少々小振りのサイズだか、金谷の金アジ。食味は絶品だ。
隣でサオを出す、千葉氏も連発。爆釣りとはいかないまでも、サオ先を
震わせてくる。やはりアジ釣りは楽しい。周りで釣れているサバが
自分にもこいと願っているとうまい具合に、ゴマが交じる中にもマサバ
がヒット。丸々太って40㌢だ。これで「サンサンじめ」の材料を確保と
嬉しさ満点だ。この「サンサンじめ」とは新鮮な釣り立てのサバを3枚に
おろし塩で30分、酢で30分しめたもので、あまり塩、酢でしめ過ぎても
身が白くなり、すっぱい。しかし、サンサンじめは表面はのみ白く
中身は赤く、これがまた美味い。アニサキスであたるも恐いが、しめ
過ぎたものより生に近いこの「サンサンじめ」がいいのである。
さて話しを戻すと、午前11時、下げ止まりでアタリは一服感があったが
上げに転じるとすぐにアタリは復活。そして正午、終了の合図に納ザオ。
釣果は40尾ジャスト。これで金谷の金アジを刺し身、アジフライと色々
に食べられるのである。とにかく金谷のアジはホントに美味いのであります。
画像

隣で良型をヒットした楽しい釣友・千葉氏です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック