ぶっといアナゴをゲット、内房木更津沖連夜の夜アナゴ釣行。

画像

6月12日(月)大潮、釣友と少し前から約束していたため連夜の釣行。
実は昨日の思いつきの釣行は余分だったのです。そのため
疲れました。でもね、今日は行って良かったよ。
おっと肝心の話し、約束の釣行船宿は木更津桜井の雄士丸。
この船宿、木更津沖は庭みたいなもの、隅から隅までポイント
を熟知。釣友の風間、田上の両氏に本吉氏の友人との計5人で
午後6時出船。ポイントは水深8㍍。まず1尾目は本吉氏の友人
中野氏に40㌢、続いて田上氏にも40㌢と連発のグットサイズ。
2人とも小突き釣りでのヒットだ。続けて中野氏は小突きで連発。
田上氏には置きザオに明確なアタリでそれぞれ2尾目つづだ。
開始して1時間が過ぎ、そろそろと思った頃、置きサオ釣法の
タカちゃんの誘いザオに、モゾモゾとシグナルがきたーっ。
聞き上げると、クグーッとハリ掛かりの感触に手応え十分。
巻き上げのリールがストップ、こいつは大変と慎重にリーリング。
暗い水面から抜き上げると、何と握る太さはスリコギ棒以上。
後検量で61㌢だ。自己記録は63㌢だから2番目の大きさだね。
太さは一番かな。下処理に捌いてもらうと脂がコテコテでウマソ~。
てな訳で終了までタカちゃんは昨日に続いての頭で6尾
でした。しかし、型は良いが数がちょっといまいちね。
やはり水温も低く、これでは活性も悪いよね。
そんな連夜の夜アナゴ釣行でした。でもねグットサイズを
上げたら現金なもので疲れもどこヘやらの巻きでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック