外房大原沖・春の乗っ込みマダイ、1尾でもヨシ!

画像

5月9日(火)中潮、外房大原・富士丸へマダイ狙いで釣行。外房大原は
紀州から伝来した手釣り釣法のビシマ釣りが有名になっているが、
タカちゃんは最近流行りのリールシャクリ(造語)で挑戦。
この大原、春の乗っ込みはGW前後、黒潮が沿岸に近づき
小魚の群れを産卵を向えたマダイが追ってくる頃からと言われる。
春潮期は潮流が速く、秋のべタ底狙いと違い、乗っ込みダイは
起伏が激しい岩礁地のカケアガリを主に流すため、ライトタックルでは
少々キツイとは思うがあえて挑戦。そのタックルはアオリ用の
ヤマシタTHE船アオリ1.5㍍、リールダイワミリオネア100F、
ミチイトPE3号、中オモリ20~30号、ハリス5号5㍍、カブラ12~15号。
これで水深50~60㍍を使うには結構ヘビーだ。午前4時、釣り客9人を
乗せ出船。釣友の金山氏は右ミヨシ1番、タカちゃんは2番、ビシマ釣り
の人を1人挟んで、トモには胴突き名人星野氏。左舷側の5人は全て
ビシマ釣り。航程40分でまずは水深45㍍からのカケ上がりから開始。
エサの冷凍サルエビをカブラ仕掛に付けて投入。
やはり、潮が速いため、最初の中オモリ着底から2度目のタナ取りは
流されてちょっと厳しい状況だ。そのため最初のタナ取りが勝負と見た。
船中最初の1尾は朝1番ビシマにという星野さんが1㌔弱をゲット。
遅れてタカちゃんにもきました。タナを取った直後、ガツンとね。
三段引きを楽しみ1㌔ジャストのアイシャドーが綺麗なマダイじゃあ。
ウマソ~ゥ。しかし、その後、ますます潮が速くなり、カケ下がりの
水深70㍍ぐらいのタナ取りはキツイのなんのって電動を使いたいなんて
雰囲気。小型両軸で流されての80㍍巻き上げはバテましたね。
そして、結局追加したのはホウボウ、ゴマサバの各1尾のみでした。
ビシマ釣りの方ではハナダイがポツポツ上がり、4㌔の大ダイが1尾
上がりました。これはデカイ。写真は釣った本人は指名手配なので
写して欲しくないとのこと。そこで女将のミチコたんが持ってくれたのだが、
本人ノーメイクだから顔はダメというこっちゃ。
画像

やはり、ライトタックルは水深の浅い方がやはりエエなぁと思いました。
次は小型の電動リールを付けてやってみようかしら。
ところで肝心のマダイの刺し身はうめえ、やっぱ貴重な1尾だからかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みち子
2006年05月11日 20:50
お疲れ様でした(^^)/~ 富士丸みち子です。
真鯛釣れて、良かったです!
ホーっとしました。
タカちゃん。
2006年05月11日 21:09
ヒェ~ッ*%&▲○・・・・ミチコたんが覗いてくれたなんてビックリした
なあもぉうッ・・・・嬉しいやら、恥ずかしいやら。
今日、気をいれてレポートを書き終えたところでやんすょぉ。
釣友もミチコたんのところと、リールシャクリが気に入ってくれて
次回、また誘って欲しいと言ってくれて、これも嬉しいことでした。
そうそう、シュウマイ・肉マン美味しかったよぉ~ッ。
フォ~ッ、でも腰振っていないよ、タカちゃんは品が良いからね。
アハッ・・・・。
次の機会を楽しみにしています。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック