東京湾の夏の「風物詩」半夜の夜アナゴ釣り開幕に、初釣行は両目開くのみ。

画像

4月28日(金)大潮、内房長浦・こなや丸に今期初の夜アナゴ
釣行。他にも釣り客が乗るとのことで、午前中船宿に行き受付
して1番札を取る。午後4時、船着場に到着。仕度をして午後5時
乗船。釣り座を右大トモを取る。釣友の風間さんは右ミヨシ。
釣り客10人を乗せ午後5時半出船。最初のポイントは航程15分の
市原沖水深13㍍。アンカー投入後さっそく開始の合図。
出すサオは3本。1.2㍍のアナゴザオ、スピニングリールにミチイトは
PE1.5号。グリーンの小型点滅水中ランプを付け、オモリ25号
アナゴ天びんに5cm4号ハリスにウナギバリ11号の2本。
エサの青イソメに持参のイワシ切り身をサンドしてまずは船前方に
キャスト。置きザオにしてインターバルを取り、聞き上げ小突きをする
釣り方で様子を見る。風は南7~8㍍、潮は流れていない。
開始してまず船中1尾目は風間さんにきた。次は右ミヨシの常連・
深山さんがヒット。ヒットはミヨシだけで、トモは底からの応答無し。
午後7時半、1番のゴールデンタイムにもアタリはない。
そのときには風間氏は4尾、深山氏も3尾。深山氏は見ると
小突き釣法でヒット。小さく誘ったほうが良いようだ。
そこでアタリのない投げ小突きから手持で、船下小突きに釣り方を
変更。オモリが底から離れないようパタパタと寝かせて起すように
小さく小突くと。きましきました、誘いにモゾモゾとアナゴ特有のアタリ
ひと呼吸置き、聞き上げから大きくアワセるとグングンと今期初ヒット。
続けて置きザオから聞き上げるとググッとアタリに2尾目をゲット。
しかし、その2尾でハイ、それまでョと午後9時終了タイム。トップは
5尾、次が4尾、そしてタカちゃんが2尾、1尾が1人。オデコが6人と
厳しい結果になりました。
まあ、この夜アナゴ始まったばかり、これからこれから。
ところで釣った2尾をどう調理しょうかな、少なくて難しいよぉ。
白焼きでワサビ醤油が1番手間入らずかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック