内房金谷沖の乗っ込みクロダイ、執念の1尾。

画像

4月19日(水)中潮、内房金谷・太海丸から乗っ込みクロダイを狙って
釣行。午前7時前、釣り客6人を乗せ出船。タカちやんは1番後に乗船
右胴の間でタックルのセット。そのタックルは2㍍弱で胴にかかるサオ
2本、リールは中型両軸、ミチイトPE4号、プラスチックビシ60号、
ハリス2.5号4㍍、ハリは金チヌ2号1本バリ。エサはオキアミ。
航程5分で真沖水深17㍍。ビシにアミコマセを8分目ほど詰め
投入。仕掛け着底後、その場でコマセを振り、2㍍上げてもう1度
コマセを振ってサオは動かさず静かにアタリを待ち、仕掛けが
海底をユラユラ這うようにさせる。潮は下げ潮、風は南でミヨシに
ミチイトが流れる。1時間後左トモで40㌢の1尾目がヒット。そして
同じ釣り人が2尾目を追加したのみで他はアタリなし。午前10時半、
ポイント移動後の水深20㍍で再開。そして午前11時左ミヨシの
鈴木さんのサオが突然水面に突き刺さった。取り込むと50㌢2.2㌔
の大型だ。(下の写真です)それを見て船中騒然となつたのです。
画像

そして氏は続けて40㌢オーバーの2尾目をゲット。焦るタカちやんは
何とか1尾でも釣りたいとコマセを途切れさせないようにする。
するとサオ先に小さくモゾモゾとしたアタリ。サオを静かに聞き上げると
キューンと突っ込んだ。きましたきましたとばかりにリーリング。
慎重に手繰り、40㌢ジャストのオスをゲットしたのであります。
オデコは免れたのじゃあと、ばかりに写真を取ってもらう
(上の写真がタカちゃんです)ウシシシィ~。
すると何と鈴木さんはその後2連発して4尾目をゲットしてしまつた。
氏の使っているエサはボケジャコ。左ミヨシで潮下でもありエサも
釣り座も正解したようだ。ちなみに右舷では私が1尾。左舷では
ミヨシが4尾、トモが2尾の計7尾でオデコが3人ということで
午後1時沖上がりとなった。タカちゃんは執念の1尾にホッとしたのです。
釣ったクロダイの腹は白子でパンパン。その白子のバターソテーは
マイウ~。やはり産卵前のクロダイは美味い。刺し身も絶品です。
さあ、このチャンスを逃さず来週はボケジャコを持参してリベンジじゃぁ~ッ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック