内房木更津沖の夜メバルは納得のサイズアップ。

画像

3月18日(土)中潮、内房木更津桜井・雄士丸から夜メバル狙いで
出船。九州旅行から戻り、釣りに行きたくウズウズ。土曜日は
朝から上天気。予報では夜遅くから日曜日にかけて崩れる見通し
それなら久々に夜メバルにと雄士丸に電話。客が入ったら折り返し
電話くれるとのことで、仕事を早めに終え、支度しておく。
午後3時に船長からの電話でOK。ところがその後、雨が降り出して
止めてもいいなと思いつつ、5時過ぎに家を出て船宿に5時半
到着。午後6時前、降りしきる雨の中、釣り客4人を乗せ出船。
航程15分で新日鉄岸壁に到着。横付けしている大型船と岸壁の
間に入り実釣開始。風があっても間に入っているから家の中で
釣りをしてるようなもの。水深20㍍。「反応はあるよ」との船長から
の声を聞きつつ、3本バリ仕掛にエサの青イソメを1尾チョン掛けして
投入。胴突き仕掛のオモリは4号。下から少しづつ誘い上げて
取りあえず中層でアタリを待つ。ミヨシで船中1尾目がヒット。
25㌢とグットサイズだ。タカちやんにもコンコンと初アタリ。
引っ張り込むのをじっと我慢の子。キュンととの引き込みにすかさず
アワせるとグツとハリ掛かり。引き込みが強く、ミチイトが斜めに
突っ込む。楽しみつつ23㌢だ。小型両軸リールを下から20回巻き
取ったところで連発。すると仕掛を下ろして上から5㍍ぐらいの
ところで食ってきた。食い上げにミチイトがフケる。今度は25㌢。
アタリダナはかなりバラけている。雨も止み、午後7時の潮止まりまで
順調にヒット。ところが潮が下げ出すとタカちやんはタナボケしてアタ
らない。しかし、ミヨシの人は連発。それも25・28㌢のダブルを上げた。
どうも底狙いの好きなタカちやんは中層の魚は苦手として間違いな
くへたくそ。船長はシャクリ上げながらミチイトを出し、シャクリ幅で
送り込みを計り、上からのタナを取りをして、聞き上げると言うが、
なかなかそれが出来ない。周りでバリバリ釣るのを横目に見て
午後9時半納ザオ。結果はタカちやんは12尾。トップは27尾、次頭は
26尾。倍の差がついてガックリ。でもいいんだ、我家で食べる煮付は
十分だもん。でもへたくそと思っても正直なところ悔しいね。
次回はもう少し頑張ろうとぉ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月19日 15:15
夜のメバルは棚が広いですね。
先日も水深20mの漁礁で魚探を見ていたら、暗くなって30分位でどこからともなくメバルが集まってきて先ずは底から3m。次第に5m~8mと魚群が高くなってくるのが判りました。
釣りのほうは底から3m位では就餌せず5m位に上ってくると活発に餌を喰いだしました。底近くに群れているのにその群れの中にシカケを落としても何故か喰いません。潮の動きで喰う喰わないがあるようです。
タカちゃん
2006年03月20日 15:12
幅広いタナで如何にタナを当てるかが釣果の明暗を分けた
ようです。どうも私は上から中層のタナ取りがへタクソで
すね。もう少し授業料を払う必要がありそうです。
でも細仕掛で掛けたときの突っ込みの手応えはクセに
なりそうです。近々機会を作ってリベンジです。

この記事へのトラックバック